シニア倶楽部とマスコット

大勝庵 玉電と郷土の歴史館 7月は、ビールマグカップ コレクションです

0

     

     

     二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

     

    7月のお宝展示は、

     

    ビールマグカップ コレクション です。

     

    大勝庵 玉電と郷土の歴史館 ビールマグカップ

     

     ズラリと並びました、ビールマグカップ。

     

     このうち25個は、1983年当時、新聞広告に載っていた

     

    『懐かしのビア・ラベル ジョッキ・コレクション』というセットのジョッキです。


     

    懐かしのビアラベル ジョッキコレクション

     

     

     この広告を目にした大塚館長、

     

    買おうかどうか、散々迷った末に、

     

    きっと、「あ〜あの時買っとけば良かったあ」と

     

    後悔すると思って、ご家族にも内緒で、

     

    大枚叩いて購入したものだそうです。

     

    ビールマグと大塚館長


     

     さて、その中から、

     

    「むすめびいる」

     

    むすめびいる ジョッキ

     

     レトロであります。

     

    それから、「てがたビール」

     

    手のひらのビアラベル

     

     「この手は、きっと

     

    このビール会社の社長さんの手でしょう」とは、

     

    大塚館長の推測です。

     

     

     そして、こちらは、

     

    お馴染みのビール会社さん。

     

    各ビールメーカー ジョッキ

     

     恵比寿、キリン、あさひ、サッポロです。

     

    この当時、サントリービールは、まだ無かったそうです。

     

     

     更には、そのアサヒビールのラベルですが、

     

    ラベルいろいろ アサヒビール

     

     微妙に絵柄が違いますね。

     

    こうしてたくさん揃いますと、

     

    いろいろバージョン違いがあるようです。

     

     

     その他の、ビールマグカップもあります。

     

    当時の西ドイツ製マグカップです。

     

     

    ドイツ展のビールジョッキ

     

     晴海で開催された

     

    「ドイツビールフェスティバル」で購入したものです。

     

     大塚館長は、新聞等でこの様なイベントが告知されると

     

    よく行かれたそうです。

     

     

     最後は、

     

    「御殿場高原ビール」のジョッキです。

     

    御殿場高原ビール ジョッキ

     

     こちらのビール祭り、

     

    このジョッキでビールを呑んで、

     

    そのまま、ジョッキは持って帰れるという

     

    イベントだったそうです。

     

     1995年と書いてあります。

     

     

     

     二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

     

    7月のお宝展示は、

     

    ビールマグカップ コレクション です。

     

     

     


    大勝庵 玉電と郷土の歴史館 6月は、テレホンカード コレクションです

    0

       

       

       

       二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

       

      6月のお宝展示は、

       

      テレホンカード コレクション です。

       

      大勝庵 玉電と郷土の歴史館 テレホンカード

       

       

       まずは、玉電の歴史館らしく、

       

      鉄道の日 テレカ

       

       東急「96.10.14 鉄道の日」

       

      テレホンカードです。

       

       

       次は、懐かしい淀川長治さんのテレホンカード。

       

      淀川長治 映画の部屋 テレカ

       

      テレビ東京「淀川長治 映画の部屋」からです。

       

       それから、可愛いキョロちゃん

       

      キョロちゃん テレカ

       

       

       

       他にも、いろいろ

       

      懐かしい顔ぶれが・・・いっぱいです。

       

       

      歴史館 展示テレカ

       

       実は、これらのテレホンカードは、

       

       この歴史館がおそば屋さんだった頃、


      店の前に設置された公衆電話に、

       

      捨て置かれた「使用済みのテレホンカード」なのです。

       

       

      歴史館 大塚館長

       

       面白い絵柄を集めていたら、

       

      歴史館 未整理テレカ

       

       箱いっぱいになりまして。

       

      今回も、とても展示し切れません。

       

       

       そんな経緯でしたから、

       

      「テレホンカード ご利用のしおり」も残ってます

       

       

      テレホンカード ご利用のしおり

       

       テレホンカードの使い方ガイドです。

       

      テレホンカード発売開始当時の、

       

      電電公社のものです。

       

       

       二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

       

      6月のお宝展示は、

       

      テレホンカード コレクション です。

       

       


      大勝庵 玉電と郷土の歴史館 5月は、切手 コレクションです

      0

         

         二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

         

        5月のお宝展示は、

         

        切手 コレクション です。

         

        大勝庵 玉電と郷土の歴史館 切手コレクション

         

         

         まずは、

         

        「懐かしの玉電」100周年切手シートです。

         

         

         

        懐かしの玉電 切手シート

         

         

         次は、「東急世田谷線」記念切手シート。

         

        世田谷線沿線の、郵便局限定発売でした。

         

        東急世田谷線 切手シート

         

         そして、渋谷の忠犬ハチ公切手シートです。

         

        忠犬ハチ公 切手シート

         

         

         「2012年 巨人軍 優勝」記念切手シート。

         

        未開封なので、中に入っている切手は見えません。

         

        巨人軍 優勝記念切手

         

         

         

         

         さらに。今回も、

         

        展示ケースに飾り切れない切手が、たくさん!

         

        缶いっぱいの記念切手

         

         四角い缶の中にぎっしりです。

         

         

         まず、出てきましたのは、

         

         封筒に貼られた東武線・半蔵門線・田園都市線の直通記念切手と

         

        二子玉川園駅で押してもらった記念スタンプです。

         

         

         

        記念スタンプ

         

         

         沿線全ての駅が違うスタンプなので、

         

        熱心な方は、全駅を回って収集したとか。

         

         

         英国の切手もあります。

         

        故ダイアナ妃 記念切手

         

         故ダイアナ妃の、記念切手のセットです。

         

         

         それから、

         

        美空ひばり・石原裕次郎 CD付き記念切手・・・

         

        ん? 記念切手付き、CDかな?

         

        パンフレットも立派です。

         

         

         

        美空ひばり 石原裕次郎 CD付き記念切手

         

         

         さて、これらの記念切手ですが、

         

        大塚館長曰く、

         

         昔の記念切手こそ、発行部数も少なく、

         

        希少なものですが、

         

        この頃の記念切手は、余りに多過ぎて、

         

        そういう意味での価値は

         

        あまり高くないのだそうです。

         

         

        玉電と郷土の歴史館 大塚館長

         

         

         そうは分かってるのに、

         

        発売日には、ついつい並んで、

         

        買い集めてしまった大塚館長です。

         

         

         

         

         二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

         

        5月のお宝展示は、

         

        切手 コレクション です。

         

         

         

         

         


        大勝庵 玉電と郷土の歴史館 4月は、タバコのラベル コレクションです

        0

           

           

           二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

           

          4月のお宝展示は、

           

          タバコのラベル コレクション です。

           

          大勝庵 玉電と郷土の歴史館 タバコのラベル

           

           まずは、1964年の、東京オリンピックです。

           

          東京オリンピックのタバコ

           

           上の箱が、オリンピック、下の箱が、パラリンピックです。

           

           

           次は、1970年の、万国博覧会EXPO’70です。

           

          EXPO70のタバコ

           

           それがまた、いろいろな種類が揃ってます。

           

          EXPO70のタバコ

           

           

           さて、先月のマッチ箱と同様に、

           

          本当はこの様に分解しないで、箱のまま保存するのが

           

          正しいコレクション方法ですとか。

           

           山ほどあり過ぎて、かさばるので、

           

          ついつい分解してしまった大塚館長です。

           

          大塚館長とたばこのラベル

           

           次は、タバコ屋さんからいただいた、

           

          4つ折りの屏風みたいな販促品です。

           

          タバコ屋さんの広告のたばこ

           

           中に、未開封のタバコがはめ込まれています。

           

          パッケージに、h17.4と、賞味期限がありました。

           

          タバコ屋さんの広告のたばこ

           

           

           最後は、多摩川競艇のたばこです。

           

          多摩川競艇のタバコ

           

           「迎春」バージョンです。

           

          いろんな所のタバコが揃ってますね?

           

           

           実はこれ、大塚館長がおそば屋さん時代、

           

          お店にいらしたお客さんが捨てておいていったものを

           

          集めたそうです。

           

           なので、大塚館長はタバコを吸わないけど、

           

          様々なタバコの箱があるのです。

           

           元おそば屋さんだからこその

           

          コレクションです。

           

           

           さて、今月も、助っ人登場です。

           

           

           

          ナショナル坊や復刻版

           

           

            ナショナル坊やが、展示ケースに参入です。

           

          これは、復刻版なのですが、

           

          復刻版でも、早や四十年たっているそうです。

           

           今回、パナソニック生誕100年に際しまして、

           

          再び、ナショナル坊やや、ドロップスが復刻したそうです。

           

          ナショナル坊や復刻版

           

           それらが展示品に加わりましたので、

           

          新旧合わせてのお披露目となりました。

           

           

           

           

           二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

           

          4月のお宝展示は、

           

          タバコのラベル コレクション です。

           

           

           

           


          大勝庵 玉電と郷土の歴史館 3月は、マッチのラベル コレクションです

          0

             

             二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

             

            3月のお宝展示は、

             

            マッチのラベル コレクション です。

             

             

             

            大勝庵 玉電と郷土の歴史館 マッチのラベル

             

             

             

             最初は、玉電にちなんだマッチです。

             

             

            松陰神社のとんかつ屋さんのマッチ

             

             現世田谷線の松陰神社駅前に、

             

            かつて開業していた、とんかつ屋さんのマッチです。

             

             

             箱の背中に、「玉電・松陰神社駅前」と印刷があります。

             

             世田谷線が、玉電と呼ばれていた頃のマッチです。

             

            今はもう、このとんかつ屋さんは無いそうです。

             

             

             次は、マッチ箱ならぬ、マッチケース?とでもいいましょうか?

             

            マツダルーチェのマッチ

             

             ロータリーエンジンでお馴染み、

             

            マツダルーチェの広告マッチです。

             

             

             さて、マッチ箱のコレクションですが・・・

             

            増えると、当然かざばります。それで、

             

            マッチラベルいっぱいのファイル

             

             あんまりいっぱいあり過ぎるので、

             

            分解して、ファイルして保存してます。

             

             

             そんな中から、

             

            明治乳業のマッチ。

             

            明治乳業の王選手のマッチ

             

             巨人軍の、王選手の現役時代の絵柄です。

             

             

             こちらは、現JA、農業協同組合の

             

            「連続」?マッチ。

             

            農協のマッチ

             

             上は、イソップ童話「アリとキリギリス」、

             

            下は、人生の連作写真です。

             

             

             こちらは、郵便局のマッチ。

             

            郵便番号普及のマッチ

             

             郵便番号制度が導入された頃の、

             

            普及を促すためのマッチです。

             

             

             さて、これらマッチ箱は、

             

            先輩のコレクターさん方がおっしゃるには、

             

            「箱のまま保存する」のが、正しい収集法だとか。

             

             更に、中のマッチ棒も、あったら尚良しと。

             

             

             「そうは言っても、置き場所が無くて」と、

             

            厳しいご指摘に、お悩みの大塚館長です。

             

             

             最後は、大塚館長の思い出のマッチ。

             

             

            三軒茶屋松喜のマッチ

             

             こちらは大塚館長が、三軒茶屋で修業時代の

             

            おそば屋さん松喜のマッチいろいろです。

             

             

             そして、

             

            二子玉川で開業した、そば処 大勝庵のマッチです。

             

             

            そば処大勝庵のマッチ

             

             

            あれ?

             

             お酒の広告も入ってますね。

             

            お店とメーカーさんのタイアップのマッチです。

             

             この時は、富貴さんが、

             

            マッチ代金の7割を負担してくれたそうです。

             

             

             二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

             

            3月のお宝展示は、

             

            マッチのラベル コレクション です。

             

             

             


            大勝庵 玉電と郷土の歴史館 2月は、かるた・花札・トランプ・マジック コレクションです

            0

               

               二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

               

              2月のお宝展示は、


              かるた・花札・トランプ・マジック コレクション です。

               

              大勝庵 玉電と郷土の歴史館 かるた・花札・トランプ・マジック コレ

               

               最初は、犬棒かるたです。

               

              いぬぼうかるた

               

               「いぬもあるけば ぼうにあたる」から始まる、

               

              定番のお子さま向け、いろはかるたです。

               

               世田谷ボロ市で購入したものだそうです。

               

               次は、郷土かるた「わたしたちの東京」です。

               

              郷土かるた わたしたちの東京

               

               

               明治図書発行。

               

              小学生用の、お勉強かるたでしょうか。

               

               

               ご当地、せたがやカルタです。

               

              せたがやカルタ

               

               2008年4月発売、2千円です。

               

               このカルタの読み句は、

               

              世田谷区の小学生の応募により作られました、説明書きがあります。

               

              せたがやカルタ

               

               

               続きまして、忍者はっとりくんカルタ

               

              忍者ハットリくんカルタ

               

               大塚館長曰く、

               

              「テレビアニメが放映されて、人気が出る前の

               

              バージョンでは?」

               

               定価280円と、書いてあります。

               

               

               次はトランプです。

               

              任天堂のトランプ

               

               任天堂のトランプ。

               

              任天堂と言えば、ゲーム機ですが、

               

              元はトランプ、カルタ、花札などを製造販売していた会社でした。

               

               任天堂の小倉百人一首 正真正銘のカルタです。

               

              任天堂の小倉百人一首

               

               

               

               次は販促グッズです。

               

              アサヒビールのトランプ

               

               アサヒビールのラベル柄のトランプです。

               

               スコッチカセットテープの箱そのもののトランプです。

               

              スコッチカセットテープのトランプ

               

               そして、富士銀行の販促トランプです。

               

              富士銀行のトランプ

               

               

               

               

               二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

               

              2月のお宝展示は、


              かるた・花札・トランプ・マジック コレクション です。

               

               

               


              大勝庵 玉電と郷土の歴史館 1月は、双六(すごろく) コレクションです

              0

                 

                 

                 

                 二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

                 

                1月のお宝展示は、


                双六(すごろく) コレクション です。

                 

                 

                大勝庵 玉電と郷土の歴史館 すごろく

                 

                 大塚館長は、すごろくが大好きだそうです。

                 

                 

                 展示ケースに並べられたもの以外にも、

                 

                飾り切れなくて、こんなにいっぱいあります。

                 

                玉電と郷土の歴史館 すごろく関連品

                 

                 新聞広告、雑誌の付録、パンフレットや包み紙まで、

                 

                あらゆる所から、すごろくを集めました。

                 

                 

                 こちらは、旧電電公社発行の

                 

                会報「公衆電話」掲載のすごろくです。

                 

                公衆電話会報のすごろく

                 

                 昭和58年1月発行 お正月号です。

                 

                大塚館長がおそば屋さん時代に、

                 

                公衆電話を置いてたので、会報が毎月届いたそうです。

                 

                公衆電話 会報

                 

                 

                 次は、大塚館長の大好きな「大山詣で」のすごろくです。

                 

                 

                大山まいり双六

                 

                 

                 こちら、元々は手拭いでした。

                 

                それを、保存用にコピーして、貼り合せたそうです。

                 

                 

                 

                 雑誌「らぱん」の目次すごろくです。

                 

                らぱん誌目次双六

                 

                 目次が双六なものですから、

                 

                毎号買って、そこだけ集めました。

                 

                 

                 次は、包装紙のすごろくです。

                 

                包み紙 すごろく

                 

                 不室屋さんという、

                 

                石川県のお麩屋さんの包装紙だそうです。

                 

                 

                 雑誌「小学二年生」付録の

                 

                レプリカ「のりものすごろく」です。

                 

                横浜市歴史博物館双六

                 

                 こちらは、「東海道遊歴すごろく」です。

                 

                東海道遊歴すごろく

                 

                 横浜市歴史博物館で購入したものです。
                 

                 

                 それから「鉄道双六」です。

                 

                鉄道双六

                 

                 ご近所の区立図書館の

                 

                除籍本の中にあったのを発見したそうです。

                 

                 

                 おしまいは、ちょっと悪趣味?

                 

                菅元首相すごろく

                 

                 菅元首相の在任時代の「人生すごろく」です。

                 

                週刊誌からの切抜きだそうです。

                 

                 すごろくは、残さず集めてしまう

                 

                大塚館長です。

                 

                 

                 

                 二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

                 

                1月のお宝展示は、

                 

                双六(すごろく) コレクション です。

                 

                 

                 

                 


                大勝庵 玉電と郷土の歴史館 12月は、ものさし・メジャー コレクションです

                0

                   

                   

                  二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

                   

                  12月のお宝展示は、


                  ものさし・メジャー コレクション です。

                   

                  大勝庵 玉電と郷土の歴史館 ものさし・メジャー コレクション

                   

                   

                   

                   まずはこちら、ヒトワ精機の「メジャパス」です。

                   

                   

                  ヒトワ製 メジャパス

                   

                   

                   

                   ノギスとコンパスが合体??した、製図用具のようです。

                   

                   替えの芯が入ったケースも付いてます。

                   

                   「青が男の子用で、赤が女の子用でしょうか?」

                   

                  とは、大塚館長の推察ですが、

                   

                  小中学校で、こんなすごいの使いましたっけ?

                   

                   説明書も、ちゃんと入ってました。

                   

                  ヒトワのメジャパス 説明書

                   

                   次は、「折り尺」です。

                   

                  木製 折り尺

                   

                   昔の、木製の物です。

                   

                  今は、レーザービームみたいなので測ってますよね。

                   

                   当歴史館には、何故かこれが、4本も有ります。

                   

                  木製 折り尺

                   

                   次は、記念品です。

                   

                  東京証券取引所のものさし

                   

                   大塚館長が、日本橋兜町の証券取引所を

                   

                  見学した際に、いただいたそうです。

                   

                   東京証券取引所のロゴマーク入りです。

                   

                   

                   今度は販促グッズです。

                   

                  旧安田信託銀行のスライド定規

                   

                   

                   旧安田信託銀行の「スライド定規」です。

                   

                  三角定規ですが、これが伸びます。

                   

                  旧安田信託銀行のスライド定規

                   

                   そして次も販促品です。

                   

                  日産自動車の定規

                   

                   こちらは、日産自動車のものさしです。

                   

                  これ、ものさしのお腹に、

                   

                  小さな三角定規や分度器がはめ込まれてます。

                   

                   これを取り出して使えます。

                   

                  「NISSAN」のマークが付いてます。

                   

                   

                   

                   二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

                   

                  12月のお宝展示は、


                  ものさし・メジャー コレクション です。

                   

                   

                   さて!

                   

                   2018年(平成30年)の、

                   

                  お宝コレクション展示予定です。

                   

                   

                   1月 双六(すごろく)

                   

                   2月 かるた・花札・トランプ・マジック

                   

                   3月 マッチのラベル

                   

                   4月 たばこのラベル

                   

                   5月 切手

                   

                   6月 テレホンカード

                   

                   7月 ビールマグカップ

                   

                   8月 ビール・お酒の(ビンの蓋・王冠)

                   

                   9月 ペットボトルのスクリューキャップ

                   

                   10月 おもちゃ(サービス品・おまけ品)

                   

                   11月 カメラのいろいろ

                   

                   12月 時計(腕時計・置き時計)

                   

                   毎年、とっても楽しみな、

                   

                  二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館 です。

                   

                   

                   

                   


                  大勝庵 玉電と郷土の歴史館 11月は、マジック・インキ コレクションです

                  0

                     

                     二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

                     

                    11月のお宝展示は、

                     

                    マジック・インキ コレクション です。

                     

                    大勝庵 玉電と郷土の歴史館 マジック・インキ

                     

                     ではさっそく、今月一番のお宝はどちらでしょう。

                     

                    マジックインキ12色セット

                     

                     マジック・インキ 12色セットです。

                     

                    大塚館長がその昔、玉川高島屋の文具屋さんで買って、

                     

                    そのまま残っていたものです。

                     

                    マジックインキの箱と中のマジック

                     

                     懐かしい形です。むかし、学校や職場に、必ずありましたね。

                     

                    ・・・と、思いきや!

                     

                    調べましたら、現在も、同じ姿カタチで、売ってました。

                     

                    と、いう事は?

                     

                     何十年も愛用され続けている、超ロングセラーなのです。

                     

                    これまた驚きです。

                     

                     

                     ですので、展示棚にずらりと並んだ、歴代のペンですが、

                     

                    新旧の見分けがつかない事になってます。

                     

                    マジックインキ・マーカー等いろいろ

                     

                     たとえペンの1本でも、捨てずに取り揃えておく

                     

                    歴史館の大塚館長です。

                     

                     

                     さて、これらのペン達に混じって、

                     

                    今月もまた、変わったもの?が展示されていました。

                     

                      こちらの、金属片のようなものは?

                     

                    活字印刷の活字

                     

                     

                     活字でした。

                     

                    しかも、大塚館長のお名前が、

                     

                    縦書きと横書き、両方揃ってます。

                     

                    玉電と郷土の歴史館 館長の氏名の活字

                     

                     大塚館長の、おそば屋さん修業時代の、

                     

                    思い出深いお品だそうです。

                     

                     大塚館長がいよいよ独立するときに、

                     

                    あるお客さんが、記念にと、

                     

                    プレゼントしてくれた物だそうです。

                     

                     そのお客さんは、

                     

                    新聞社の社長秘書をなさっていた方だそうです。

                     

                     大塚館長のために、作って持って来てくれたんですね。

                     

                     

                     同じく思い出の品が、今月の展示ケースの上にも。

                     

                     

                    銀行窓口のお皿

                     

                      この、黒くて丸いものは、

                     

                    当時の銀行の窓口の「お皿」?です。

                     

                     銀行の方からのプレゼントです。

                     

                     これもまた、大塚館長の修業時代の、”原点” 的な一品です。

                     

                    こちらのエピソードは、先月載せてますので、

                     

                    そちらもお読みください。

                     

                    昭和の銀行カード

                     

                     最後に、このお皿の手前にありますカードが、

                     

                    日本で初めての、今で言うキャッシュカードだそうです。

                     

                     勿論、当時は磁気カードではありません。

                     

                    こちらを窓口で提示すれば、印鑑無しでどこの支店でも

                     

                    取引ができたという、当時では画期的なカードでした。

                     

                     

                     いつもながら、歴史館は、タイムマシンみたいです。

                     

                     

                     二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

                     

                    11月のお宝展示は、

                     

                    マジック・インキ コレクション です。

                     

                     


                    大勝庵 玉電と郷土の歴史館 10月は、えんぴつ・色えんぴつ コレクションです

                    0

                       

                       二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

                       

                      10月のお宝展示は、

                       

                      えんぴつ・色えんぴつ コレクション です。

                       

                      大勝庵 玉電と郷土の歴史館 えんぴつ 色えんぴつ

                       

                       先々月の8月の「手帳コレクション」の時に見つからなかった、

                       

                      手帳に付いていた小さい鉛筆たちが出てきました。

                       

                       

                      東京霞ヶ関信用組合の鉛筆

                       

                       上は、瀬田に支店があった

                       

                      「東京霞ヶ関信用組合」の手帳に付いていた鉛筆です。

                       

                       

                       下は、コカコーラ社の販促品ノートに付いていた鉛筆です。

                       

                      コカコーラ社の鉛筆

                       

                       これでやっと、8月の手帳と揃いました。

                       

                      次は、文具メーカーの、KINGJIMの鉛筆です。

                       

                      KING JIM 鉛筆

                       

                       そして、第一銀行の手帳に付いていた鉛筆です。

                       

                      第一銀行の鉛筆

                       

                       瀬田には昔、この銀行の保養施設があったそうです。

                       

                       

                       今回、写真は載せていませんが、

                       

                      大塚館長にとって、思い出深いとおっしゃる、

                       

                      協和銀行の鉛筆もありました。

                       

                       これこそが、後の「おそば屋さん独立の原点」だそうです。

                       

                      三軒茶屋での、おそば屋さん修業時代に、この銀行の方から、

                       

                       「お店を持つ夢があるなら、今から積立を始めましょう」と

                       

                      声を掛けられ、こつこつ貯金を始めたのだそうです。

                       

                       

                       さて、次は色鉛筆です。

                       

                      コリーン鉛筆 色鉛筆

                       

                       コーリン鉛筆製、24色セットです。

                       

                      コリーン鉛筆 マーク

                       

                       この、コリーン鉛筆のマーク、

                       

                      昔見た記憶がありますね。

                       

                       

                       最後は、トンボ鉛筆の、36色セット 1,200円です。

                       

                      色鉛筆、けっこう高価なんですね。

                       

                       

                      トンボ鉛筆 色鉛筆

                       

                       

                       

                       二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

                       

                      10月のお宝展示は、

                       

                      えんぴつ・色えんぴつ コレクション です。

                       

                       

                       


                      | 1/12PAGES | >>

                      カレンダー

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>

                      最近の記事

                      記事のカテゴリー

                      過去の記事

                      最近のコメント

                      リンク

                      プロフィール

                      このサイトの検索

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM