シニア倶楽部とマスコット

川場村こしひかり「雪ほたか」です。

0
     『シニア倶楽部』13号では、りんごを訪ねて川場村を訪れました。

    もうひとつ、川場村が一押しするのが、こちら、

    田園プラザ「雪ほたか」広告



     川場村 こしひかり 「雪ほたか」です。

    道の駅・田園プラザの案内図に、こんなに大きく掲げられています。


     川場村の農産品は数ありますが、実はお米も、とてもおいしいのです。

    近年は、「米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」において、連続「金賞」を受賞しています。

     つまり、「雪ほたか」は、日本で一番おいしいお米のひとつなのです。 



     田園プラザ内には、「雪ほたか」の田んぼも作ってアピールしています。

    稲穂が銀色に輝いて美しいです。


    田園プラザの雪ほたか田んぼ


     取材の日(10月10日)は、ちょうど地元川場村で、お米の等級検査の日でした。

    りんごの会の横坂代表にご紹介いただいて、見学に行ってきました。

    雪ほたか品質審査会場



     会場は既に、川場村の稲作農家の皆さんが、自慢のお米を持ち寄って集まっていました。

    この検査で、基準をクリアしたお米だけが、「雪ほたか」を名乗ることができるのです。

     

    雪ほたか審査風景


     水分・タンパク・アミロース・脂肪酸度を専用の機器で計測し、等級が決まります。

    この中から更に優秀なお米が川場村の代表として、本年のコンクールに参加します。

     
     
     こちらが、実際に田園プラザ内でも販売している「雪ほたか」(2合)。

     

    川場こしひかり「雪ほたか」


     

     編集長も買って帰って、お味見させていただきました。

    とっても美味しいです!

     「雪ほたか」は、正真正銘「雪ほたか」以外のものは混ざっていません。

     今回の取材で、生産者の皆さんが「雪ほたか」の高い品質を保ち、ブランドを確立するために真摯に取り組んでいることがよく分かりました。

     編集部も、川場村のお米を応援していきます。


     おまけ。

     前々から欲しかった帽子を、川場村の農協さんで見つけました。
    自分のお土産に。

    農事用の帽子



     これをかぶって、東京で自転車に乗ります。







    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダー

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    最近の記事

    記事のカテゴリー

    過去の記事

    最近のコメント

    リンク

    プロフィール

    このサイトの検索

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM