シニア倶楽部とマスコット

干支の馬、勢揃いです。

0

     編集室です。

    お正月を飾る、干支の馬たちです。

    干支の馬の飾り

     

     折角ですので、記念撮影します。

    このメンバーがまた集うのは、12年後ですから。


     どうしてか、馬の置き物は、たくさん揃ってしまいました。

     中央の大きいのは、編集長の故郷、

    青森の南部地方の民芸品「八幡馬」です。

    八幡馬

     

     同じくらい大きいのは、バービーの馬です。

    バービーの馬

     

     あと、細かいのが沢山。

    その中で、ミニチュア・ホースのミニチュア。

    ミニチュアホース

     

     世田谷区上用賀の、馬事公苑のイベントで購入しました。

    馬事公苑に行きますと、こんな可愛い馬の ”本物” に出会えます。


     馬は、幼い頃の田舎の思い出だらけです。

     なにしろ青森の南部地方は、馬の産地です。

    近所に牧場もありました。

     村や町々のお祭りも、馬に因んだものが多かったですし、

    家々の欄間にも、何かしら馬に関するお飾りがありました。

     馬はとっても身近だったのです。


     母の実家は農家で、馬を1頭飼っていました。

    私たち姉妹は毎年、休みをそこで一緒に暮らしました。


     ある夏の日の記憶です。

     叔父が、その馬に引かせた荷馬車に

    山のようにスイカを積んで、我が家に運んで持ってきました。

     家の家がスイカだらけになって、子供の私は大喜びしました。 

    後に思えば、記憶違いですね。

     叔父は、市場へスイカを売りに行くついでに、寄ってくれたのでしょう。




     


     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダー

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    最近の記事

    記事のカテゴリー

    過去の記事

    最近のコメント

    リンク

    プロフィール

    このサイトの検索

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM