シニア倶楽部とマスコット

大勝庵 玉電と郷土の歴史館 3月は、三ツ矢サイダー&バヤリース コレクションです。

0

      二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

    3月のお宝展示は、三ツ矢サイダー&バヤリース コレクションです。
     

    玉電と郷土の歴史館三ツ矢サイダー&バヤリース


    まず、登場しますのは、三ツ矢サイダーのポスターです。
     

    三ツ矢サイダーイチロー選手ポスター
     

    さわやかな三ツ矢サイダーのイメージ、若い少年のような、イチロー選手です。


    今回の展示品の一番のお宝は?

    大塚館長に指差していただいていますのが、

    展示品中で最も古い、昭和45年頃のサイダーのビンです。

    玉電と郷土の歴史館三ツ矢サイダー


    その左のビンが、一般家庭用のもの、

    その隣りの、やや小さいビンが、飲食店の業務用です。

    当時はどれも、リターナルといって、お酒屋さんが回収して再利用する方式でした。
     

    昭和45年頃の三ツ矢サイダー



    その後、三ツ矢サイダーのビンは、

    地方のサイダーメーカーが自社の紙ラベルを貼って再利用したそうですが、

    ビンに「三ツ矢サイダー」と、ガラスの浮き彫りが出ているので、

    元々が三ツ矢サイダーのビンだと分かります。

    昭和45年半ば以降は、三ツ矢サイダーのビンは紙ラベルを貼るものから、

    ビンに印刷されたものに変わります。



    話しは飛びますが、私の田舎には三島サイダーという、

    地元のサイダーメーカーがありました。

    三島という、水の美味しいところに工場がありました。

    今もあるでしょうか?



    さて、3月4日付けの大手新聞に、

    今年は三ツ矢サイダー130年記念

    という全面広告が掲載されました。
     

    三ツ矢サイダー130年

    「偶然にも自分のコレクション展示の月まで一致したとは、

    自分をほめてあげたい。」と、我ながら驚き!の大塚館長でした。


    再び、展示ケースに戻りましょう。

    展示ケースの下段には、アニメのサイダー缶が勢揃いです。
     

    コンビニ缶コレクション

    コンビに限定品だそうです。

    大塚館長のご長男が、集めてくれたものだそうです。お宝ですね。

    この後、またまた話しが逸れまして、

    飛び出してきましたのが、1986年東急全線のスタンプラリーのポスターです。
     

    86スタンプラリーポスター

    東急線全駅の、スタンプが並んだ、お宝ポスターです。

    更に、スタンプラリーが始まった当初からのスタンプ帳が、

    全て揃って、展示ケースの最下段に隠れてました。
     

    歴代東急線スタンプラリー


    マニア垂涎の超お宝だそうです。
     

    3月のお宝展示は、

    三ツ矢サイダー&バヤリース コレクションです。

    どうぞお見逃しなく。
     







     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    最近の記事

    記事のカテゴリー

    過去の記事

    最近のコメント

    リンク

    プロフィール

    このサイトの検索

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM