シニア倶楽部とマスコット

大勝庵 玉電と郷土の歴史館 5月は、紙幣 コレクションです。

0

    二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

    5月のお宝展示は、

    紙幣 コレクション です。


     

    玉電と郷土の歴史館 紙幣コレクション

     



     先月4月の「記念コイン コレクション」に続きましての展示です。

    展示棚の上段は昭和の紙幣、下の段には外国の紙幣があります。

     あれ?

     真ん中に、紙幣と違うものが有りますね?

    大塚館長、その金色のメダルみたいなモノは、何ですか?


    大山道の旅人の絵

     



     昔の旅人が、笠を置き、

    煙管をくわえて一服している絵柄が有ります。

     ・・・どこかで見たことがある?

    そうだ弦巻の、あの像ではありませんか。


    大山道旅人像

     



     手には煙管、頭髪はちょんまげの旅人が、

    道端で一休みしています。

     弦巻4丁目の公園にある、大山詣をする旅人の像です。

     この像の前の道こそ、

    赤坂見附から青山、世田谷、二子玉川、溝ノ口、

    長津田、伊勢原を経て、大山に至る、大山道 です。

     江戸時代の中期、五穀豊穣を願う農民や、商売繁盛を願う商人が、

    丹沢の大山阿夫利神社のお参りに、行き来した道です。
     
     
     5月13日には、大塚館長が地元の郷土史会の方々を引率して、

    池尻からこの像のある弦巻まで、旧大山道を案内されたそうです。

     それで、今回の紙幣コレクションの真ん中に鎮座していたのですね。


     ちなみに、このメダルみたいな丸い物は、

    朱肉入れの”ふた”と判明しました。

    元はどうやら、印鑑セットだったようです。

     大山道の旅人の絵だけが、歴史館に辿り着いたという訳です。

    大塚館長の大好きな、郷土史のお話しに花が咲きました。


     では、改めまして、紙幣コレクションです。

    紙幣コレクション色々

     




     こちらは、拾円紙幣です。

    ピン札です。保存状態、良好であります。

    拾円紙幣

     



     次は、壱円紙幣です。

    壱円紙幣

     



     大塚館長の子供の頃の記憶によりますと、

    この1円紙幣で、飴が2個買えたそうです。

    赤い箱と白い箱でそれぞれ2個入りの

    「明治さいころキャラメル」が1円、という時代でした。


     次は、変わったところで、

    野口英世(千円札)のターバン巻きです。

    千円札のターバン巻

     




     大塚館長のおそば屋さん時代の平成19年、

    お店にやってきた学生さん達が、これを折っていました。

     大塚館長が興味を示したら、

    それではおそばのお代に、と置いて行ったそうです。

     当時、こんな折り紙?遊びが、はやっていたんですね。


     展示棚の下段には、英国紙幣があります。

    英国紙幣

     



     大塚館長の娘さんが、以前に海外旅行へ行かれた際のものだそうです。


     シンガポール紙幣もあります。

    シンガポール紙幣

     



     こちらは、大塚館長ご自身が旅行をされた時のものだそうです。


    二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

    5月のお宝展示は、

      紙幣 コレクション です。




     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    最近の記事

    記事のカテゴリー

    過去の記事

    最近のコメント

    リンク

    プロフィール

    このサイトの検索

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM