シニア倶楽部とマスコット

大勝庵 玉電と郷土の歴史館 7月は、携帯電話 コレクションです。

0

     二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

    7月のお宝展示は、

    携帯電話 コレクション です。


     

    玉電と郷土の歴史館 携帯電話

     「困っちゃいましてねえ、いざ並べてみたら、

    そんなに多くなくて、展示棚がスカスカなんですよ。」

    とは、大塚館長の弁。
     

    玉電と郷土の歴史館 携帯電話

     いえいえ充分ですよ、一般家庭にこんなにいっぱい携帯電話ありませんから。

    大塚館長に、さっそく案内していただきました。


     こちらは、二世代ぐらい前の携帯電話でしょうか。

    画面がまだ小さかったです。
     

    大塚館長と昔の携帯電話

     次は、二つ折りになった頃のもの。

    当時は、引き出し式のアンテナが、必ず付いてましたね。
     

    アンテナ付きの携帯電話

     
     こちらは、大塚館長が以前に使われていたものだそうです。
     

    大塚館長の昔の携帯電話

     さて、展示棚が少々寂しいという事で、

    特別参加の、重そうな物。

     これ、何でしょうか?
     

    展示棚と、その他の展示物

     
     こちらは、蓄音機の中の、部品のひとつだそうです。
     

    蓄音機の部品

     蓄音機のモーターの台座だそうです。

     あれ、展示棚の上にも、珍しいものがありますね。
     

    新幹線形ペットボトル

     こちらは、新型の新幹線の形をしたペットボトルです。

    可愛いですね。

     日本橋のデパートで開催された、鉄道博のお土産です。
     

    新幹線型ペットボトル

     取材にお伺いした日は、とても暑い日でした。

     大塚館長の思い出話によりますと、

    昔は、家庭には冷房など無くて、あるのは映画館とデパートと純喫茶だけでした。

    映画館の前には、

    ペンギンと氷の絵が描かれた、

    『冷房中』ポスターが貼ってあったそうです。

     そのポスター、見てみたいな!!

    ネットで探したけど、みつかりませんでした。残念です。


     また、映画館には、

    「フィルム運びのお兄さん」が必ずいたそうです。

     例えば、自由が丘と三軒茶屋と下北沢の3館の映画館が、

    3本立てで映画を上映するとします。

     映画のフィルムは、それぞれ1本しかありません。

    そこで、3館で時間をずらして、使い回して上映しようというわけです。

     で、そのお兄さんの出番です。

    毎日、3つの映画館を、

    3段ギアの自転車を駆って、運んで回るのです。

     お兄さんの到着が遅れた映画館では、

    休憩時間を伸ばして「まだかまだか」と待ったそうです。

     フィルム運びが、お仕事として成り立っていた、

    そういう時代があったのですね。


     今月も、昭和の面白いお話しを、お伺いできました。


     二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

    7月のお宝展示は、

     携帯電話 コレクション です。

     玉電や鉄道関係グッズ、

    民芸品や雑貨類まで、たくさん展示しています。



     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    最近の記事

    記事のカテゴリー

    過去の記事

    最近のコメント

    リンク

    プロフィール

    このサイトの検索

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM