シニア倶楽部とマスコット

大勝庵 玉電と郷土の歴史館 8月は、携帯ラジオ コレクションです。

0

    二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

    8月のお宝展示は、

    携帯ラジオ コレクション です。

    玉電と郷土の歴史館 携帯ラジオ

     


     大塚館長の一番のお宝は、

    三菱電機製の、電池式のトランジスタラジオです。

     

    トランジスタラジイオ

     


     これは、50年ほど前の、昭和37年頃、
     
    大塚館長が、三軒茶屋のおそば屋さん修行時代に使っていた物です。

     まさしく「携帯」できるので、

    お店や、そば打ちの作業場に持参して、

    仕事をしながら聴いたという懐かしい青春のラジオです。

     もう、アンテナもとれてしまっていますが、

    今でもきちんと音が出ます。

    AMとSW(短波)を聴くことができます。


     次は、もう少し小柄です。

    トランジスタラジオ

     


     このAMラジオは昭和50年代に、

    そばの材料問屋さんから、いただいたものだそうです。

     しょうゆを10ℓ、20ℓと、

    まとめて買うとオマケでくれたのだそうです。


     次は、お馴染み、SONYのウォークマンです。

    ウォークマンとディスクマン


     一番、右側のものそれですが、あれ?ひっくり返ってますね。

    音楽好きの大塚館長が、よく使っていたものです。
     
     かける曲は、勿論、大好きなアルゼンチンタンゴです。

    左の2台は、ディスクマンです。


     その次は、SONYの、MDウォークマン。

    MDウォークマン

     

     あれ、これもひっくり返ってますよ。


    MD、短命でしたね。 懐かしいです。



     次も懐かしいです。

    ミニカセット用ラジカセ

     


     カセットが、通常よりミニサイズの、携帯ラジオです。

    この小さいカセットテープは、昔の留守電などでよく使われてました。

     演歌曲などが、このサイズで販売されていました。


     ラジカセ型の、かわいいラジオもあります。

    ミニラジカセ型

     
     メーカーは不明ですが、しっかり鳴ります。


     さて、今回も展示棚に、不思議な飛び入りです。

    このオブジェは?

    ソケットタワー

     

     名付けて『ソケットタワー』。

    大塚館長ご直筆の、張り紙付きです。

     どれも似たように見えますが、微妙に差込口の形態が違います。

    また、昔のものはドライバーで開けられますが、

    近年のものは特殊な金具で締付けられていて、分解できないそうです。


     「本当は、上へ上へと積上げたかったんですが、

    棚板のスペースの問題で、こんな横に張出しちゃいました。」

    とは、大塚館長の弁です。

    ソケットタワー

     

     二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

    8月のお宝展示は、

    携帯ラジオ コレクション です。

     どうぞ、お見逃しなく。




     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    最近の記事

    記事のカテゴリー

    過去の記事

    最近のコメント

    リンク

    プロフィール

    このサイトの検索

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM