シニア倶楽部とマスコット

大勝庵 玉電と郷土の歴史館 12月は、デパートの袋 コレクションです。

0


    二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

    12月のお宝展示は、

    デパートの袋 コレクション です。


    大勝庵 玉電と郷土の歴史館 デパート袋


     デパートの袋や、包装紙の展示です。
     
     まずは、日本橋三越の手提げ袋です。

    三越の包装



     袋の絵柄は、一見すると、まるで外国の建物が描かれているようです。

    でも、実際の日本橋三越の建物も、たいへん豪華です。

     有名な天女の像やエレベーター、大理石の階段など贅を尽くています。

    昭和初期のパイプオルガンもあって、文化財になっています。



     次は、「モナリザ」の絵柄の、東急デパートの袋です。

    東急の袋


     線と点だけを使って、絵柄を模したものです。

    こういうデザインが当時、流行しましたね。


     商品を包装して、それを止める「テープ」もあります。

    デパートの包装のテープ


     似ているようで、実はいっぱい、種類があるようです。

    上の画像の右側の、だ円形のシール二つは、白木屋と大丸のシールです。

     収集家の町田忍さんから、いただいたものだそうです。

     白木屋という名称は、今はありませんが、

    現在の東急デパートに引き継がれています。


     包装紙関連のものの他に、

    デパート関連として、

    サービスマッチの箱絵も展示してあります。

    デパートのマッチ


     こちらは、昔の松坂屋です。
     

    昔の松坂屋のマッチ


     もっと昔の松坂屋もあります。

    昔の松坂屋のマッチ


    「松坂屋いとう呉服店」と、右から左に書いてあります。

     

     こちらは、白木屋デパートです。

    「白木屋呉服店」と書いてあります。
     

    白木屋デパートのマッチ


     その右側の青色のものは、「松屋呉服店」です。

    白木屋、三越、高島屋、松坂屋、松屋など

    デパートの前身は、呉服店だったのです。


     これらの古いマッチ箱は、「世田谷ボロ市」で発見しそうです。

    かなりのお宝ですね。

     さすが大塚館長です、目のつけどころが違います。


     二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

    12月のお宝展示は、

    デパートの袋 コレクション です。


     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    最近の記事

    記事のカテゴリー

    過去の記事

    最近のコメント

    リンク

    プロフィール

    このサイトの検索

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM