シニア倶楽部とマスコット

大勝庵 玉電と郷土の歴史館 1月は、昭和の自転車 コレクションです。

0

     

     二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

     

    1月のお宝展示は、


    昭和の自転車 コレクション です。

     

    大勝庵 玉電と郷土の歴史館 昭和の自転車

     

     

     まずは、「ゼブラの自転車」のサービス用の風呂敷です。

     

    ゼブラの自転車の風呂敷

     

     用賀の「五十嵐自転車商会」さんのお名前があります。

     

    ゼブラですから、シマウマのイラストです。

     

     斬新です。

     

     

     次は、自転車のエンブレム2種類です。

     

    自転車の機関銃エンブレム

     

     機関銃印のスウィフト自転車と、

     

    ナショナル自転車のエンブレムです。

     

     機関銃印の自転車は、

     

    主に、東京南西地区で販売されていたそうです。

     

     

     ナショナルは、自転車業界としては後発で、

     

    既存のメーカーを吸収合併して自転車を作っていたそうです。

     

     このようなエンブレムは、前輪の泥除けの上につけたので、

     

    「風切りマスコット」と呼ばれていたそうです。

     

     

     次は、昭和の自転車のベルです。

     

    昭和の自転車のベル

     

     まだまだ良い音色に、大塚館長もご満悦です。

     

     次の黒いベルは、ブリジストン製です。

     

    ブリジストン自転車のベル

     

     

     複雑な形をした、重厚な器具もあります。

     

    自転車のリヤカーの牽引具

     

     これは、自転車の後ろにリヤカーを付ける際の牽引具です。

     

    重要な役目の金具です。

     

     歴史館の入り口に、実際にそれが取り付けられて、展示されています。

     

     

    玉電と郷土の歴史館 昭和の自転車

     

     荷台が大きな、昭和の自転車です。

     

    見えますでしょうか?

     

     サドルの下に、先ほどのものと同じ牽引具が付いています。

     

    自転車のリヤカーの牽引具

     

     

     二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

     

    1月のお宝展示は、


    昭和の自転車 コレクション です。

     

     

     


    大勝庵 玉電と郷土の歴史館 12月は、そば コレクションです。

    0

       

       二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

       

      12月のお宝展示は、


      そば コレクション です。

       

      大勝庵 玉電と郷土の歴史館 そばコレクション

       

       何しろ、当歴史館の前身は、言わずと知れたおそば屋さんです。

       

      大塚館長のお得意分野です。

       

       まずは、「引越しそば」グッズです。

       

      昭和45年頃の、引っ越した時にご近所に配る、「そば券」です。

       

      そば券

       

       

       この風習ですが、大塚館長のご説明によりますと、

       

      「大家さんには10枚、ご近所には3〜5枚を配る」ものだそうです。

       

       もうこの頃から、本物のおそばではなく、

       

      この様な券が配られていたのですね。

       

       

       次は、どんぶり色々です。

       

      きつねそばに用いた、きつねの絵柄です。

       

      きつねの絵柄の丼

       

       たぬきそば用もあります。

       

      たぬきの絵柄の丼

       

       これらは、大塚館長が、昭和30年代におそば屋の修業で勤めていた、

       

      三軒茶屋の「松喜そば店」さんからいただいたものだそうです。

       

       

       因みに、「関東ではたぬきそばが好まれ、関西ではきつねそばが好まれる」そうです。

       

       

       

       鍋焼きうどんの鍋です。

       

      鉄鍋

       

       よくある土鍋ではなく、鋳物です。

       

      これも、松喜そば店さんからのいただき物です。

       

       土鍋はすぐ割れるので、松喜そば店さんが、

       

      「キューポラのある町」で有名だった、

       

      川口の鋳物工場で、造ってもらったという特注品です。

       

       

       七味唐辛子の缶、いろいろです。

       

      とうがらしの缶いろいろ

       

       よく使われたのが、長野の善光寺の絵がついている容器だそうです。

       

       

       おそば屋さん御用達?のカレンダーです。

       

      レトロなおそば屋さんカレンダー

       

       昭和47年、当歴史館がおそば屋さんだった時の「そば処大勝庵」で、

       

      最初に作ったカレンダーです。

       

       昭和62年のものには、家紋も入っています。

       

      他のおそば屋さんのものになりますが、

       

      近年のものも有ります。レトロなイメージは同じですね。

       

       

       そして最後は、こちらのスクラップブックです。

       

      おそば屋さん巡り用のスクラップブック

       

       研究熱心な大塚館長が、昭和63年9月から数年にわたって、

       

      全国各地のそば屋さんを、歩き回った記録です。

       

       

       あれ? ここにも、そばグッズ?

       

      刻み葱のつつみ紙

       

       そば処大勝庵時代の、刻みねぎの包み紙の束です。

       

      どうやら、メモ用紙にしてるみたいですね。

       

       

       二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

       

      12月のお宝展示は、


      そば コレクション です。

       

       

       そして!

       

       2017年(平成29年)の、

       

      お宝コレクション展示予定です。

       

       

       1月 昭和の自転車

       

       2月 8mm フィルム

       

       3月 8トラックテープ

       

       4月 カセットテープ

       

       5月 家電のカタログ

       

       6月 自動車のカタログ

       

       7月 ハローキティちゃん

       

       8月 手帳

       

       9月 ノート

       

       10月 えんぴつ・色えんぴつ

       

       11月 マジック・インキ

       

       12月 ものさし・メジャー

       

       来年も、とっても楽しみな、

       

      二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館 です。

       

       

       


      大勝庵 玉電と郷土の歴史館 11月は、平凡・明星の歌詞付録 コレクションです。

      0

         

         二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

         

        11月のお宝展示は、


        平凡・明星の歌詞付録 コレクション です。

         

         

        玉電と郷土の歴史館 平凡明星付録

         

         さて、昭和レトロな表紙を、見てみましょう。

         

        明星の付録です。

         

        明星付録

         

         青山ミチさんと、高橋元太郎さんです。

         

        だれ?

         

         若き日の、水戸黄門の「うっかり八兵衛」です。

         

         彼は、アイドルグループ『スリーファンキーズ』のメンバーとして、

         

        歌手デビューしました。

         

         その後、八兵衛を30年も演じ、今尚、TVドラマで活躍しています。

         

        「うっかり八兵衛」は、アイドル歌手だったんですね。

         

         

         こちらも、明星の付録です。

         

        明星付録

         

         弘田三枝子さんです。

         

         

         次は、平凡の付録です。

         

        平凡付録

         

        美空ひばりさん。

         

         もうひとつ、平凡の付録です。

         

        平凡付録

         

         

         

         左側は、坂本九さんが表紙の「紅白歌合戦」の歌詞ガイドです。

         

         本誌よりも、この付録欲しさに購入された方も多かったとか。

         

        いつの時代も、歌は人気ですね。

         

         右の写真は、橋幸夫さんです。

         

         

         平凡と明星の本誌も飾ってあります。

         

        雑誌平凡最終号

         

         平凡「元気にさよなら」は、最終号です。

         

        明星は「MYOJO」と表記をかえて、

         

        アイドル雑誌として今も健在です。

         

         

         

         さて、今回もまた、お宝発見です。

         

         61年前の、新聞の切抜きです。

         

        サン写真新聞 白井義男選手

         

         

         サン写真新聞、1955年6月1日号です。

         

        ボクシングの白井義男選手が、

         

        チャンピオンの、パスカル・ペレス選手に再挑戦するも、

         

        敗れた時のものです。

         

         白井選手は、これを機に現役引退しました。

         

        この試合のTV視聴率は96.1%を記録し、現在の最高視聴率だそうです。

         

         

         

         もうひとつ、おまけ!

         

        玉電と郷土の歴史館 エビスビールのハッピ

         

         今回、大塚館長が羽織っているのは、

         

        エビスビールのハッピです。

         

         色んなものが続々と、歴史館に集結しています。

         

         

         二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

         

        11月のお宝展示は、


        平凡・明星の歌詞付録 コレクション です。

         

         

         

         


        大勝庵 玉電と郷土の歴史館 10月は、レコード カタログ コレクションです。

        0

           二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

           

          10月のお宝展示は、


          レコードカタログ コレクション です。

           

           

          大勝庵 玉電と郷土の歴史館 レコードカタログ

           

           昭和のレコードの、

           

          新譜紹介のカタログやパンフレットです。

           

           

           例えば、こんな感じのモノ達・・・。

           

           

          オリンピック実況レコードのパンフ

           

           「東京オリンピック実況レコード」、の、カタログです。

           

          レコードジャケットじゃないところが、さすが大塚館長です。

           

           

           ビクターレコード邦楽カタログ。

           

          ビクターレコード1966年のカタログ

           

           1966年5月号です。

           

          表紙は、吉永小百合さんです。

           

           

           ABCパラマウントレコードのカタログ。

           

          ABCパラマウントレコード

           

           表紙は、レイ・チャールズさんです。

           

           

           日本最初のインディペンデント・レーベル、

           

          URCレコードのパンフレット。

           

          URCレコード

           

           URCレコードとは、

           

          フォークソング系の歌手が所属していたレコード会社で、

           

          当初は会員にのみ販売したいたそうです。

           

           

           レコードファン。

           

           

          レコードファン

           

           昭和40年12月号です。

           

          各社の傑作盤や発売予定が掲載されています。

           

           いちおう、定価30円と記載されてはいますが、

           

          レコード屋さんで、無料配布していたそうです。

           

           

           クラウンレコードのカタログ。

           

          クラウンレコード第1回発売カタログ

           

           「第1回発売」のカタログです。

           

           

           

           テイチク月報。

           

          1970年のテイチク月報

           

           1970年3月号です。

           

          表紙は、石原裕次郎さん、

           

          裏は、ディオンヌ・ワーウィックさんです。

           

           

           

           その他、まだまだいっぱいあります。

           

          でも残念、今月のお宝展示は、今日でお終いですね。

           

           

           

           二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

          10月のお宝展示は、

          レコードカタログ コレクション です。

           

           

           

           


          大勝庵 玉電と郷土の歴史館 9月は、焼酎&泡盛ラベル コレクションです。

          0

             

             

             二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

            9月のお宝展示は、

            焼酎&泡盛ラベル コレクション です。

             

            大勝庵玉電と郷土の歴史館 焼酎泡盛

             

             7月の「ビール」、8月の「日本酒」に続きまして、

             

            9月は、「焼酎&泡盛」のラベルのコレクションです。

             

             展示ケースの上段に構えますのは。

             

            焼酎ラベル 自衛艦よこすか

             

             焼酎「東郷」と、「自衛官よこすか」です。

             

            大塚館長が、バス旅行で横須賀に行かれた際に

             

            購入したものだそうです。

             

             海軍旗の絵柄に引き付けられたようです。

             

             

             こちらにもあります、焼酎「自衛艦よこすか」です。

             

            焼酎ラベル 自衛艦よこすか

             

             

             人気の焼酎「魔界への誘い」と「伊佐美」です。

             

             

            焼酎ラベル 魔界への誘い

             

             購入が難しいそうです。

             

             

             「かめ壺焼酎 森伊蔵」のラベル

             

            焼酎ラベル 森伊蔵

             

             琉球泡盛「瑞泉」と、「時雨」。

             

            泡盛ラベル 瑞泉と時雨

             

             戦前は、泡盛は、量り売りだったそうです。

             

            時雨は、最初の「ラベルを貼った瓶詰め泡盛」だそうです。

             

             名前の時雨、青と渋柿色のラベル、

             

            古風でしゃれていますね。

             

             

             と、ここで、毎度おなじみ、お話しが大脱線。

             

            玉電と郷土の歴史館 タンゴCD談義

             

             友人からいただいた、

             

            タンゴ「ラ・クンパルシータ」ばかり、

             

            20曲入っているCDです。

             

             大塚館長は、他に「ラ・クンパルシータ」ばかり、

             

            50曲入っているCDも保有しています。

             

             タンゴの名曲「ラ・クンパルシータ」は、

             

            いろいろなアーティストが演奏しているのです。

             

             

             他にもあります。

             

            タンゴのカセットテープを、

             

            カセットケースごといただいたそうです。

             

             

            玉電と郷土の歴史館 タンゴカセット談義

             

             

             歴史館には、珍品、希少品が、続々と集まってきます。

             

            電車は玉電、音楽はタンゴ、郷土の歴史に昭和レトロ。

             

             楽しいお話しは尽きません。

             

             

             二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

            9月のお宝展示は、

            焼酎&泡盛ラベル コレクション です。

             

             

             

             


            大勝庵 玉電と郷土の歴史館 8月は、日本酒ラベル コレクションです。

            0

               

               二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

              8月のお宝展示は、

              日本酒ラベル コレクション です。

               

              大勝庵玉電と郷土の歴史館日本酒ラベル

               

               7月の「ビールラベル」に続きまして、

               

              8月は、日本酒ラベルのコレクションです。

               

               

               まずは、大塚館長が大好きな巨人軍にちなんだ、

               

              長野県の「不滅の巨人」です。

               

               

              巨人の日本酒ラベル

               

               このお酒、醸造する時には、

               

              もろみにマーラーの交響曲「巨人」を聴かせて作るそうです。

               

               

               好敵手、阪神タイガースのラベルもあります。

               

               

              阪神の日本酒ラベル

               

               小ビンと一升ビンのもので、

               

              少し小さいサイズです。

               

               

               次は、獺祭です。

               

              獺祭 日本酒ラベル

               

               「だっさい」と読みます。

               

               山口県岩国市周東町獺越のお酒です。

               

              地名からの命名のようですね。

               

               ちなみに、獺祭とは、

               

              詩作の時に、本や資料を広げ散らかしている様子だそうです。

               

               阿部総理は、国賓を迎えた際には、

               

              このお酒を出すとか。

               

               

               普天王です。

               

              普天王関 日本酒ラベル

               

               出羽の海部屋の新年会で配られたそうです。

               

              「普天王関を応援しよう」と書かれています。

               

               

               その他にも、色んなラベルが・・・

               

              箱一杯の日本酒ラベル

               

               箱いっぱいあります。

               

              とても展示し切れません。

               

               

               さて、巨大なパネルが出てきました。

               

              昭和39年の砧線航空写真

               

               昭和39年に、ちょうど砧線沿線を写した航空写真です。

               

              よく見て見ますと、

               

              「走行中の砧線の電車」という見出しがありまして、

               

               

              昭和39年の砧線航空写真

               

               写ってます!

               

              吉沢橋の手前を、砧線が走っている姿が、写ってます。

               

               お宝です。

               

               

               二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

              8月のお宝展示は、

              日本酒ラベル コレクション です。

               

               

               

               


              大勝庵 玉電と郷土の歴史館 7月は、ビールラベル コレクションです。

              0

                 

                 二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

                7月のお宝展示は、

                ビールラベル コレクション です。

                 

                 

                大勝庵玉電と郷土の歴史館 ビールラベル

                 

                 お宝と言うものは少ないそうですが、

                 

                まずは、独歩ビールのラベルです。

                 

                お父さんありがとう 独歩ビール

                 

                 

                 世田谷区のふるさと村、川場村の川場ビール。

                 

                川場ビール ラベル

                 

                 

                 川場村の道の駅・田園プラザのその中に、

                 

                ガラス張りの小さなビール工場がありました。

                 

                川場村、また行きたいです。

                 

                 

                 続いては、おしゃれな葉山ビールです。

                 

                葉山ビール ラベル

                 

                 

                 さて、大塚館長と言えば、大山道。

                 

                丹沢山渓ビール ラベル

                 

                 大山の登口、伊勢原の地ビールです。

                 

                 

                 2011年、東急百貨店77周年記念ビール。

                 

                東急百貨店77周年ラベル

                 

                 「呑んだ人は多いけど、保存してる人は少ないのでは?」

                 

                とは、大塚館長の弁。

                 

                 

                 サッポロ ファイブスタービール。

                 

                ファイブスター ラベル

                 

                 大塚館長は、ラベルを集めるために、ビールを飲んで半世紀。

                 

                ビールが楽しめて、コレクションも増えて、

                 

                一挙両得?だそうです。

                 

                 それにしても、いっぱい有り過ぎて、飾り切れません。

                 

                ビールラベルの詰まったファイル

                 

                 ファイルに入れて仕舞ってあるものだけで、

                 

                厚さが10僂阿蕕い砲覆襪修Δ任后

                 

                 そのファイルの、とあるページに。

                 

                これは?

                 

                樽ビールの王冠

                 

                 樽ビールの王冠だそうです。

                 

                 

                 昭和30年代に、

                 

                三軒茶屋のパチンコ店「橘センター」屋上に、

                 

                ビアガーデンがありまして、

                 

                そこの方から、樽ごと、いただいたものだそうです。

                 

                 その樽は、半分に切って、今も、

                 

                歴史館の飾り棚として活躍しています。

                 

                樽ビールで作った飾り棚

                 

                 もちろん、樽のふた?も、飾ってあります。

                 

                樽ビールの底板

                 

                 「8985」は、製造番号のようです。

                 

                「大阪」なのが、面白いですね。

                 

                 

                 その他、大瓶ビールのラベル、

                 

                1972年のミュンヘンオリンピックのラベル等々、

                 

                お宝がいっぱい展示中です。

                 

                 

                 二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

                7月のお宝展示は、

                ビールラベル コレクション です。

                 

                 

                 

                 

                 


                大勝庵 玉電と郷土の歴史館 6月は、いろいろラベル コレクションです。

                0

                   

                   二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

                  6月のお宝展示は、

                  いろいろラベル コレクション です。
                   

                  大勝庵玉電と郷土の歴史館 ラベルコレクション

                   

                   今回のテーマは、いろいろラベルですが、特に粒揃いなのが、

                   

                  チューインガムの包み紙です。

                   

                   

                   こちらは、フルヤのジューシーミントガム。
                   

                  ハリス ミントガム


                   色合いからして、既に年代物っぽいです。

                   

                  続いて、ハリスのジュースガム。

                   

                  カネボウハリス ジュースガム

                   

                   大塚館長のお話しでは、

                   

                  ハリスはカネボウと合併して、

                   

                  「カネボウハリスガム」という社名だった時期があるそうです。

                   

                   

                   下の包み紙にも、「カネボウハリスガム」と有ります。

                   

                  カネボウハリスガム大型原子力飛行艇

                   

                   「20年後の日本 大型原子力飛行艇」と書いてあります。

                   

                  この頃の日本の未来像は、底抜けに明るかったのでしょう。

                   

                   

                   さて、こちらは、雑誌「平凡パンチ」のガムです。

                   

                  平凡パンチ ガム

                   

                   販促品だったでしょうか?

                   

                  「平凡パンチ」自体が、既に年代物です。

                   

                   

                   「ピンポンパンガム」も有ります。

                   

                  フルヤ ピンポンパン体操ガム

                   

                   左側に、人気キャラクターの

                   

                  「カッパのカータン」が写ってます。

                   

                   30年位前の、子供向け人気テレビ番組です。

                   


                   それから、三井生命のガムです。

                   

                  三井生命 ガム



                   シスコの、ゲゲゲの鬼太郎のガムです。

                   

                  シスコ 鬼太郎ガム

                   

                   「のでらぼう」と名前がついてます。

                   

                  昭和44年と、年代が記されてます。

                   

                   


                   蒙古相撲やキックボクシングの風船ガムもあります。

                   

                   

                  蒙古相撲ガム

                   

                  キックボクシングガム



                   ”キックの鬼” 沢村選手とか、

                   

                  流行った時期がありましたね。

                   


                   さて、チューインガムの包み紙の他にも、

                   

                  和菓子屋さんの浮世絵などの

                   

                  歴史物のしおり類もたくさん揃ってます。

                   

                  お菓子のしおり

                   

                   

                   こちらは、池上本門寺の浅野屋さんという「くず餅」店のしおりです。

                   

                  調べたところ、広重の「江戸近郊八景之内池上晩鐘」という絵でした。

                   

                   

                   二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

                  6月のお宝展示は、

                  いろいろラベル コレクション です。

                   

                   

                   


                  大勝庵 玉電と郷土の歴史館 5月は、カップ麺 コレクションです。

                  0


                    二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

                    5月のお宝展示は、

                    カップ麺 コレクション です。

                     

                    大勝庵 玉電と郷土の歴史館 カップ麺


                    またまた今月のお宝も、大量展示です。

                    並んでいるのは、カップ麺の紙のふたです。

                    綺麗にはがして、保存していたのです。
                     

                    大勝庵 玉電と郷土の歴史館 カップ麺



                    「大したこと無いモノだけど」

                    などとおっしゃる大塚館長ですが、

                    ここまで揃うと、毎度ながら、圧巻であります。



                    その中で、大塚館長のお宝は?

                     

                    ジャイアンツ カップ麺



                    はい! 何と言っても、一番のお宝は、

                    ジャイアンツのカップラーメンです。

                    10年位前のものだそうです。

                    中身はサッポロ一番のしょうゆ味です。


                    これには、お楽しみがありまして、ふたを開けて、

                    裏面に「当たり」があれば、ジャイアンツウォッチが貰えます。

                    が・・・。

                     

                    ジャイアンツ カップ麺のふたの裏



                    「はずれ」の文字。

                    何個か買ったそうですが、いずれもハズレ!!!

                    残念です。


                    展示棚には、カップ麺のふたに混じって、

                    ミニチュアが、いっぱいあります。
                     

                    大勝庵 玉電と郷土の歴史館 カップ麺




                    これ、大塚館長のお嬢様が、小さい頃に遊んだ、

                    神経衰弱のゲームの、コマなのだそうです。

                    可愛いですね。

                     

                    ミニチュアカップ麺




                    大塚館長ご自身は、おそば屋さんでしたから、

                    カップ麺は、あまり食べたいとは思わなかったそうですが、

                    お嬢様は幼い頃、

                    「最高!」などと言って、時々お店で食べて、

                    居合わせたお客さん達を、湧かせていたそうです。

                    大塚館長曰く、TVのコマーシャルの影響だそうです。

                    見てると食べたくなりますものね。


                    展示棚の外に、半分隠れて展示されているのは、

                    非常用の保存食「10年缶ヌードル」です。
                     

                    保存食用カップ麺



                    10年、保存できるというカップ麺です。

                    ところが、

                    「10年を待たずに、中身が美味しくなくなった。」

                    なんて記事が載った新聞の、切り抜きまであります。


                     

                    保存食用カップ麺の記事



                    2006年9月14日発売の、新聞記事です。


                    その他にも、ラーメン関連の、新聞・雑誌、広告なども、

                    多数揃ってます。

                     

                    カップ麺類にまつわる切抜きなど

                    チキンラーメンの新聞広告
                    チキンラーメンの新聞広告



                    見開きの、チキンラーメンの新聞広告、圧巻です。


                    二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

                    5月のお宝展示は、

                    カップ麺 コレクション です。



                     

                    大勝庵 玉電と郷土の歴史館 4月は、そろばん・電卓 コレクションです。

                    0

                      二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

                      4月のお宝展示は、

                      そろばん・電卓 コレクション です。

                       

                      玉電と郷土の歴史館そろばん電卓


                       ずらりと並んだ、電卓です。

                      だれでも、一度は手にしたことがありそうです。
                       

                      電卓いろいろと砂消し



                       電卓の手前には、文房具類も並んでます。

                      砂消しゴムまであります。

                       いろんな電卓とそろばんが、勢揃いしました。
                       

                      そろばん 電卓 いろいろ



                       そろばんには、4つ珠と、5つ珠があります。
                       

                      そろばん いろいろ



                       大塚館長曰く、

                      昭和30年代ぐらいまでは、5つ珠のそろばんはを使って

                      商売をしていた人がいたそうです。

                       今、5つ珠を使ったことのある人は、少ないでしょう。


                       大きな5つ珠のそろばんは、

                      いかにも”商売用”って感じがします。
                       

                      大きなそろばんと大塚館長



                       このそろばんの裏には、『信友堂』と店名が書いてありました。

                       信友堂は、実は、大塚館長のお兄様が、

                      かつて営業をしていらした文房具店です。

                       それで、そろばんが歴史館に保存されているというわけです。

                       さて、そろばんの側面ですが、不思議な穴が両側に開けてあります。
                       

                      そろばん側面の穴



                       何の穴でしょう?

                      大塚館長も分からない、不思議な穴です。


                       もうひとつ、お兄様の文房具店の続き話です。

                      こちらのショーケースの上に掛かっている、ホーロー製の大きな看板です。
                       

                      ホーローのベンチの広告看板



                       その文房具店の前にベンチが置いてあって、

                      そのベンチの背に貼ってあった広告看板だそうです。

                       大塚館長は、この文具店が閉店する時、
                       
                      このような古いものだけ、貰い受けたのだそうです。



                      二子玉川の、大勝庵 玉電と郷土の歴史館

                      4月のお宝展示は、

                      そろばん・電卓 コレクション です。



                       

                      << | 2/39PAGES | >>

                      カレンダー

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>

                      最近の記事

                      記事のカテゴリー

                      過去の記事

                      最近のコメント

                      リンク

                      プロフィール

                      このサイトの検索

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM