シニア倶楽部とマスコット

ギター奏者 鈴木巌先生のリサイタルです。

0
     
     本日は、ギター奏者、鈴木巌先生のリサイタルへ、

    市ヶ谷へ行きました。

     こちらは、本日のパンフレットです。


     

    鈴木巌さんギターリサイタル

     



     1981年より、年2回続いている、定例演奏会です。


     鈴木巌先生には、

    『シニア倶楽部』15号(平成25年3月発行)の表紙と、

    「いきいき人生」に登場いただきました。

    head15s

     



     ありがとうございました。


     さて今晩の会場、市ヶ谷ルーテル教会です。

    鈴木巌さんリサイタル会場

     



     会場の入り口では、開演前というのに、先生自ら、お客様をお出迎えです。

    編集長も恐縮です。

    開演前の鈴木巌先生

     


     教会をよく使われるのは、「単に安いから」という先生のお話しは、

    以前にもこちらで紹介しました。

     以前は、乃木坂の乃木会館を会場にされていた事があったそうです。

    結婚式場は、仏滅に利用者が無いので、その日を”有効利用”したのだそうです。

     そんな楽しい裏話を交えながら、

    素晴らしい演奏に聴き惚れた2時間15分でした。


     



    世田谷区民の第二の古里、かわば村です。

    0
       
       
       昨日は、かわば村へ、日帰りの小旅行に出掛けてきました。


       かわば村は、世田谷区と「縁組協定」を締結しておりまして、

      世田谷区民の、もうひとつの古里です。

       昨年の秋、初めて取材にお邪魔しまして、

      『シニア倶楽部』13号(平成24年9月発行)に、取り上げさせていただきました。

      ありがとうございました。


       で、先に白状しちゃいますが、今回の遠征の目的のひとつは、

      買い出しであります。

       これ、昨日の戦利品。

      川場村土産

       

       りんご、お米、ハム、ヨーグルト、アップルパイ、お餅、

      そしてお野菜類、その他諸々。。。

       すべて、かわば村産です。

      兎に角、新鮮で、お安いです。

       

       その中でも、特に期待しておりましたのが、りんごです。

      昨年初めて「群馬のりんご」を味わいました。

       美味しいんです!!

       めちゃくちゃ甘くて、美味しいんです。

      これを今年も、ぜひ味わいたい。

       で、こちらも結論から申してしまいますと、大収穫でした!


       では、昨日に戻りまして、、、

      こちらは、かわば村まであと少しの、早朝の赤城高原SAです。

      赤城高原SAの編集長

       

       朝日を浴びて、かわば村のりんごに夢馳せる編集長。

       かわば村に入ると、沿道のリンゴ園の、真っ赤でたわわな姿が目に入ります。


      川場村沿道のりんご園

       
       お邪魔しましたのは、同じく『シニア倶楽部』13号の取材の際に、

      大変お世話になりました、横坂りんご園さんです。

       再会できまして、光栄です。

      ありがとうございます。

       真っ赤なりんごがお出迎えしてくれました。

      横坂りんご園にて

       

       今の時期は、「陽光」というりんごです。

       丁寧に、陽光を包んで下さる、横坂さん。

      横坂りんご園の横坂さん

       

       天候不順や、台風の影響を心配していましたが、

      大きな被害もなく、今年もおいしくできました。

       甘さも抜群、シャキシャキした歯ごたえです。

      ありがとうございました。


       クルマが持てたら、ぜひ”朝どり”の新鮮な野菜や果実を買いに行こう。

      そんなささやかな夢が、ようやくひとつ、叶いました。


       


      不思議な駐車場のレシートです。

      0
         
         次号『シニア倶楽部』17号は、現在編集中です。

        本日は、二子玉川の玉川高島屋さんへ、取材に訪れました。

         お忙しいところを、いつもありがとうございます。


         先日は、クルマで玉川高島屋さんへ買い物に行って、大変楽チンでした。

        それに味をしめて、本日も、駐車場を利用させていただきました。

         ありがとうございます。

         
         さて、編集部に戻って、ちょっとビックリ。

        駐車場のレシートです。

        駐車場の領収証

         

         
         上の写真がそれなのですが、

        塗りつぶした赤い部分に、”車両番号=”と記されてます。

         そしてちゃんと、私のクルマのナンバーが入っているではありませんか!

         どうして、そんなこと出来るの?

        入庫した時は、発券機から単に駐車券を抜いただけでした。

         帰りに精算機で精算したら、ご覧の領収証が出てきたのです。

        どういう仕組みなんでしょう?

         他の場所の駐車場も、こうなんですか。

        クルマの世界をよく知らないので、驚きました。








         


        藍工房展です。

        0

           本日は、西新宿へ。

          新宿三井ビルです。

          新宿高層街

           
           このビルの1階で、第31回藍工房展 が開催されています。

           

          藍工房展

           
           藍工房は、世田谷区若林にある就労支援施設です。

          障害を持った人たちが、この施設で藍染めの作品を作っています。

           毎年こちらで、その作品を展示販売しているのです。


           会場には、かわいい藍染作品が並んでいます。

          藍工房展の品々

          藍工房の作品群

           

           幼児用の小さな水玉のTシャツが、とてもおしゃれで目を引きます。

          もちろん、大人用も。

           洋服やショール、バッグなど、いっぱい展示即売中です。


           藍工房の藍染作品は、染め、デザイン、縫い、その全てのレベルが高く、

          海外でも高く評価されています。

           藍工房は、何回も世界で巡回展を行っています。

          今年の12月には、ニューヨークの国連本部で

          タペストリーの展示会を予定しているそうです。


           展示場には、藍工房グループが運営する、他の就労施設の製品も販売していました。

          こちらは、藍工房のレストラン製、藍を練り込んだパスタです。

          藍工房のレストランのパスタ

           
           これは洋菓子工房で作っている、フロランタンです。


          藍工房のお菓子

           
           本日は、この2種類を買って帰ってきました。


          第31回 藍工房展

          7月1日から7月6日まで
          新宿三井ビル1階 55スクエア
          10:00-18:00 (最終日は17:00まで)
          問い合わせは、 03-3412-1366 




          スフィーダ祖師谷FCの飲料自販機です。

          0
             
             本日は雨模様ですが、取材続行です。

            スフィーダ世田谷FC自販機 を撮ります。



             次号『シニア倶楽部』16号も、

            世田谷のなでしこ、スフィーダ世田谷FCを応援します!

             

             今回はテレビや地元ラジオでも脚光を浴びるスフィーダさんを紹介します。


             スフィーダ自販機もあります。

            これも載せたいので、写真撮影です。


             こちらは、用賀にあります「FM世田谷」の中の廊下です。

            FM世田谷は、スフィーダ番組を放送しています。


             そこにあります飲料の自販機。

            スフィーダ世田谷のマーク付きです。

            FM世田谷のスフィーダ自販機


              「この自販機の売上金の一部が、

            スフィーダ世田谷の活動費に還元されます」という仕組みです。


             

            スフィーダ自販機


             この自販機で飲料を買うだけでも、

            スフィーダ世田谷の応援になるのです。



             このスフィーダ自販機、世田谷の各所に点在しています。


             では用賀のFM世田谷を出まして、

            次はスフィーダさんの本拠地、祖師谷へ。


             祖師谷の住宅街に、、、ありました。スフィーダ自販機です。

            祖師谷のスフィーダ自販機

             


             
             そして、あそこにも。

            祖師谷のスフィーダ自販機

             



             チームカラーの、青い色が目印です。














            日曜日ですが、取材です。

            0
               
               本日は経堂へ取材です。

               日本ユーラシア協会と東京ロシア語学院主催の、

              第42回全国ロシア語コンクールです。

               こちらはパンフレットです。

              全国ロシア語コンクールパンフ

               



               コンクールの前半にアトラクションがあります。

              その中の、ユーラシアコーラスさんの写真撮影が目的です。


               このコーラスは、河崎美智子さんが指揮されます。

              河崎さんは、『シニア倶楽部』10号(2011/12)の

              「いきいき人生」に登場していただきました。


               次号の『シニア倶楽部』16号は、歌声サロンの特集を組んでいます。

              そこで、ユーラシアコーラスさんも再掲することにした訳です。


               
               
               というのが、本日のお目当てだったのですが。。。


               アトラクションの部の3番目に登場された方が、

              「長い道、悲しき天使」という歌を、ロシア語で独唱。

               これ!

              メリー・ホプキンの「Those Were The Days」の元歌です。

               この曲、大好きなんです!

              感激してしまいました。


               その後、後の予定があって途中で退出したのですが、

              帰ってからパンフレットを見返していたら、またビックリ。

               ロシア語コンクールの部に、青森の高校から

              3名もの生徒さんがエントリーされてました。


               青森は編集長の生まれ故郷です。


               日本でロシア語を学ぶ高校生が多いとは思いません。

              この学校は力を入れているのでしょう。

               ロシア語コンクール、見たかったな。。。


               本日は、ありがとうございました。

              来年はもっと、ゆっくりお邪魔させていただきます。




               

              本日も『シニア倶楽部』16号の取材に駆け回りました。

              0
                 
                 『シニア倶楽部』16号、取材中です。

                16号は、密かな大ブーム「歌声サロン」を特集します。


                 本日は、そちらの取材も含めて、朝・昼・晩と駆け回りました。


                 朝は、本格的なコーラスを楽しめる会に、夜は日本舞踊のお稽古に、

                そして昼は、下北沢駅近くの歌声サロンに取材にお邪魔しました。

                 皆さま、ありがとうございました。


                 さて、昼の取材先の下北沢駅の界隈です。

                下北沢界隈

                 



                 下北沢は、雑多なお店が並ぶ、独特の雰囲気がある街です。


                 本日の歌声サロンの会場は、この近くです。

                 こちらが入り口です。

                下北沢すずらん会さんです。

                下北沢すずらん会

                 



                 すずらん会さんは、NHKテレビでも紹介された歌声サロンです。

                 こちらでは、毎月開催されています。

                「童謡歌唱のお好きな方、どなたでも大歓迎です」

                との事で、本日も 120名超という大盛況でした。


                 天気が良かったら、もっとたくさんお集まりになるそうです。

                やっぱり大人気ですね。

                 『シニア倶楽部』16号で、詳しく紹介させていただきます。



                 
                 
                 歌声サロンは、かつての歌声喫茶の現代版なのだと、

                先日のブログにも書かせていただきました。


                 『シニア倶楽部』16号の特集には、当時の様子なども載せたくて、

                方々にお声をかけておりました。

                 そして、取材を進めるうちに、

                人気の歌声喫茶で当時、「歌のリーダー」をしていらしたという方を紹介いただきました。

                 その方からは、当時のお写真などをお預かりすることができました。

                ありがとうございます。


                 そして更に、

                帰りのバスの中でも、その方とバッタリ!


                下北沢のバス

                 


                 帰りの方向が同じだったのです。

                それで、懐かしいお話しだけで、また一つ特集が組めちゃいそうです。

                 誌面をどうしようか悩みます。


                 発行が遅れたらゴメンナサイ。

                皆さまのご協力のお蔭様で、とっても良い特集号になりそうです。







                 

                16号も応援します!快進撃スフィーダ世田谷FCです。

                0
                   

                   『シニア倶楽部』16号は、ただ今編集中です。

                  16号も応援します、

                  ただ今、快進撃の世田谷のなでしこ

                  スフィーダ世田谷FCです。

                  スフィーダ世田谷エンブレム

                   


                   昨日は、スフィーダさんに取材にお邪魔しました。


                   スフィーダ世田谷FCは現在、2部リーグの首位を独走です。

                   このまま2部リーグを首位で終えますと、

                  1部リーグの最下位のチームと入替えで、1部リーグへ自動昇格です。

                   もし2位の時は、1部リーグの下から2番目のチームと、

                  入れ替え戦を行うことになります。

                   
                   もちろん監督さん以下、全選手が狙うのは堂々の首位通過です。

                  悲願の1部リーグ昇格が近づいて参りました。

                   

                   そして今回も、元気なお写真をたくさんお預かりしました。

                  スフィーダ世田谷

                   



                   ありがとうございます。元気な誌面を作ります。

                  『シニア倶楽部』誌も明るくなります。

                   いつも感謝しております。

                   そして、この16日の日曜日は、大蔵総合運動場で、

                  愛媛FCレディースを迎えてホーム戦です。

                   試合開始は、12:00です。

                  応援に行きましょう!!











                  久々に、昔ながらの梅雨の空です。

                  0
                     
                     本日は雨。

                    梅雨らしくなりました。

                     この頃の雨は、南方のスコールみたいな降り方をしますが、

                    今日は久しぶりに、アジサイの似合う雨模様です。


                     そんな中、本日も『シニア倶楽部』16号の取材に行ってきました。

                     

                     ここ数日お邪魔しています、世田谷代田駅近くです。

                    雨の世田谷代田駅

                     


                     梅雨入りと言いながら、今までは雨に当たらずに済みました。

                    本日は、大人しくバス利用です。

                     環七をバス路線が縦走してますので、一乗りです。

                    雨の環七

                     



                     こちらの方面は、あと数回お伺いする段取りです。

                    引き続きよろしくお願いします。


                     天気予報を見ますと、明日も明後日も、その次も雨のようです。

                    これから各所へ、取材の追い込みです。

                     カッパを着てお伺いします。

                    よろしくお願いします。





                    小田急線 世田谷代田駅方面へ取材です。

                    0
                       
                       本日の取材先は、小田急線 世田谷代田駅の近くです。

                       これからしばらく、こちら方面にお世話になります。

                      よろしくお願いします。


                       
                       こちらの地域で一番気になりますのが、先の小田急線の地下化のその後の様子です。

                      小田急線は3月22日に、区内の東北沢〜世田谷代田間が地下化されました。


                       区内の9つの踏切が廃止され、開かずの踏切も無くなって、より良い環境になりました。

                      沿線地域は、大きく変わりつつあります。


                       さっそく、駅周辺を散策です。

                      こちらが世田谷代田駅の南側の出入り口です。

                      新代田駅

                       



                       まだまだ、新旧構築物が混在しています。

                      地下化事業は道半ばで、これから二期工事が本格化します。

                       新しい駅舎の完成、地下内での上下複々線化など、工事は2018年度に及びます。


                       近隣の方のお話しです。

                      踏切の撤去で、地上の往来はスムーズになったそうです。

                       でも、地下化に伴い、駅の乗り降りは大変になったとか。

                       こちらが世田谷代田駅の、ホームに至る階段です。

                      新代田駅の階段

                       

                       。。。

                      ずいぶん深いところを走っているようです。


                       それもそのはず。

                      世田谷代田駅のすぐ脇を、環状七号線が通っています。


                      環七の旧小田急線高架

                       



                       道路が、すでに地下にもぐり込んでます。。。

                       余談ですが、自転車でこの道を登るのは、結構息が切れます。

                      そんな急勾配です。

                       この橋上を、いままで電車が通っていたのです。

                      で、現在はこの道路の下を横断しているという訳です。


                       少し離れたところから遠景です。中央がこの橋です。

                      環七新代田

                       

                       すぐ右奥が世田谷代田駅になります。

                      これは上下差がかなり有りそうですね。


                       聞けば、下北沢駅も、乗り換え時の上下移動が大きくなって大変になったとか。

                      今度、見聞してきます。



                       そんな地元の生の声に耳を傾けながら、『シニア倶楽部』16号は、

                      現在、鋭意取材中です。

                       発行は6月末頃の予定です。お楽しみに。




                       





                      << | 2/7PAGES | >>

                      カレンダー

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>

                      最近の記事

                      記事のカテゴリー

                      過去の記事

                      最近のコメント

                      リンク

                      プロフィール

                      このサイトの検索

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM